本文へスキップ

ものづくり補助金を経営コンサルタントが支援。事業計画の作成代行や申請支援

事業の成功に向けて支援する経営コンサルタント会社 補助金採択は2000社以上 補助金コンサルタント相談  

ものづくり補助金

HOME > ものづくり補助金
著者:株式会社東京経営サポーター 2024年6月25日更新
ものづくり補助金コンサルタント ものづくり補助金コンサルタント ●ご相談受付中 → 【無料相談
ものづくり補助金情報
関連情報:ものづくり補助金採択結果/ 採択データ分析/ ものづくり補助金総合サイト(公式)
はじめての方へ:ものづくり補助金の事前準備
セミナー:ものづくり補助金セミナー
採択後 :交付申請/ 実績報告
ものづくり補助金と併用可能(おすすめ) :経営力向上計画(即時償却又は法人税の税額控除)

新着・お知らせ


2024.6.25 ものづくり補助金(18次締切)採択発表
2024.2.2 18次締切公募開始 2024年3月27日応募締め切り
2023.12.6 中小企業庁パンフレット(12/1) / ものづくり補助金予算資料(12/6)

2024年の主な制度変更
●「省力化(オーダーメイド)枠」を新設し、補助上限額を大幅に引き上げ、省力化投資を重点支援
●令和5年度補正予算に基づく公募は2回程度を予定、補助事業実施期間は2024年12月10日まで
●交付候補者決定前において、一定の投資規模の事業計画に取り組む事業者に対して、口頭審査を導入
(口頭審査→)例えば、当該事業申請にかかる意思決定の背景や事業実施に際しての事前のマーケティングの調査等、計画書に記載のない内容についても質問を行う可能性がある。
2024.2.2追記
●交付決定後の事業期間が短いため注意が必要。
●売上高10%以上のインパクトが必要、新製品や新サービスが必要、賃上げ加点の厳罰化、不正行為の厳罰化等の若干のルール変更があり。当然ですが、財源が税金という事を意識した真面目な申請が必要になります。(丸投げ等はNGです)

ものづくり補助金とは

ものづくり補助金とは、中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援する中小企業庁が管轄する補助金ものです。また、業況の厳しい事業者や、デジタル・グリーン分野で生産性向上に取り組む事業者に対して、通常枠とは別に、回復型賃上げ・雇用拡大枠、デジタル枠、グリーン枠を新たに設け、補助率や補助上限額の優遇により積極的に支援。
ものづくり活用の例
●新製品開発のための機械設備の購入
●既存工場の生産ラインを大幅改善するための最新の加工機等の購入
●お客様向けに新サービスを展開するための機械設備の購入や社内システム構築

ものづくり補助金概要
<申請枠の種類>
省力化(オーダーメイド枠)
補助上限:750万円〜8,000万円 補助率:1/2、小規模事業者と再生事業者2/3 ※1,500万円を超える部分は1/3
要件:省力化への投資
イメージ:熟練技術者が手作業で行っていた組立工程に、システムインテグレータ(Sier)と共同で開発したAIや画像判別技術を用いた自動組立ロボットを導入し、完全自動化・24時間操業を実現。組立工程における生産性が向上するとともに、熟練技術者は付加価値の高い業務に従事することが可能となった。
製品・サービス高付加価値化枠(通常類型)
補助上限:750万円〜1,250万円 補助率:1/2、小規模事業者と再生事業者2/3
要件:製品・サービスの高付加価値化
イメージ:最新複合加工機を導入し、精密加工が可能となり国際基準に準拠した部品を開発
製品・サービス高付加価値化枠(成長分野進出類型 DX枠、GX枠)
補助上限:750万円〜2,500万円 補助率:1/2、小規模事業者と再生事業者2/3
要件:DXやGXに資するもの
イメージ:AIやセンサー等を活用した高精度な自律走行搬送ロボットの試作機を開発
補足:DX(デジタルトランスフォーメーション)、GX(グリーントランスフォーメーション)に資する革新的な製品・サービス開発又はデジタル技術を活用した生産プロセス・サービス提供方法の改善による生産性向上に必要な設備・システム投資等を支援
グローバル枠
補助上限:3,000万円 補助率:1/2、小規模事業者2/3
要件:海外事業の拡大・強化に資するもの
イメージ:海外市場獲得のため、新たな製造機械を導入し新製品の開発を行うとともに、海外展示会に出展
補足:海外事業の拡大・強化等を目的とした「革新的な製品・サービス開発」又は「生産プロセス・サービス提供方法の改善」に必要な設備・システム投資等を支援(海外直接投資、海外市場開拓、インバウンド市場開拓、海外事業者との共同事業のいずれかに合致するもの)
最新の情報は公式サイトをご確認下さい。

コンサルタント支援・料金


東京経営サポーターは、ものづくり補助金の申請をお手伝いしています。
基本支援・料金(税別)
●初回相談
公募要領の説明、補助金の注意点、スケジュールの確認
ビジネスモデルの簡易診断(実現性、採算性、新規性、社会性)
初回相談:無料
お電話で申請内容を確認後、ZOOM会議
●事業計画書作成支援
●申請サポート(ZOOMでのご支援)
専属のコンサルタントがヒアリングをしながら、審査項目を考慮の上で、1社1社独自の計画書作成を丁寧にご支援します。補助金の利用が初めての方でも安心してご相談ください。申請作業もZOOMを活用しコンサルタントが支援します。
着手金:10万円

<採択成功報酬>
補助金採択 1,250万円以下:100万円
補助金採択 2,000万円以下:140万円
補助金採択 3,000万円以下:180万円

※合計=着手金+採択時の金額
※補助金3,000万円超の申請枠は個別見積
※提携店割引あり
●事業継続力強化計画のテンプレート作成
●パートナーシップ構築宣言テンプレート作成
●交付申請アドバイス
●変更申請アドバイス
●実績報告書テンプレート作成、実績報告アドバイス
追加費用無料
→分かりやすい料金体系でサービス提供

オプション支援・料金(税別)
●「事業化状況報告」ZOOMサポート 10万円/回
経営力向上計画(おすすめ)
 ⇒即時償却又は法人税の税額控除(ものづくり補助金と併用可能)
割引価格で対応可能
●補助金受領後、事業計画実施のための伴走支援
●Word事業計画書からパワーポイント計画書作成サービス
個別見積

ものづくり補助金支援のポイント


事業計画作成から補助金の受給まで安心サポート


ものづくり補助金の申請は、事業計画が採択されたら終わりではありません。その後「交付申請」「実績報告」「事業化状況報告」など、様々な手続きが発生します。コンサルタント会社によっては「採択」されたら支援終了となる場合もありますが、当社支援で採択された事業者は長期的な伴走支援の対応も可能です。
ものづくり補助金支援の流れ ものづくり補助金支援の流れ

事業を成功に導くビジネスプラン(1社1社適切にカスタマイズ)


東京経営サポーターは補助金申請の代行屋ではなく、新規事業の中身や顧客ニーズ、顧客へのアプローチ方法をを再分析して、事業を成功に導くお手伝いをしています。事業計画を作成してものづくり補助金の採択を受けることは、通過点でしかありません。そのため、コピペ・量産の事業計画は意味がないと考えます。当社では1社1社適切に事業計画を作成し、「価値のある事業計画」「事業計画の作成=ビジネスモデルの構築」を意識した支援をしています。 ものづくり補助金は価値のある計画書が必要 ものづくり補助金は価値のある計画書が必要

加点オプション、税制優遇対策


◆事業継続力強化計画(無料支援)
事業継続力強化計画の認定企業はものづくり補助金の加点対象となります。ものづくり補助金のご支援にあわせて、事業継続力強化計画も無料で支援しています。

以下の税制優遇施策も、ものづくり補助金と併用可能です。(有料支援となります。)
経営力向上計画   :法人税控除10%又は特別償却など
先端設備等導入計画 :固定資産税の3年間全額免除など

ものづくり補助金の審査基準を分析、高採択率


全国採択率30%〜40%と言われる「ものづくり補助金」ですが、当社では審査基準を徹底分析し採択件数200社以上(採択率80%以上)の実績があります。審査基準は公募要領に記載がありますが、なんとなく合わせるだけではなく審査員にとって分かりやすい様にアピールしていくことが重要です。新規性、実現性、収益性、社会性の視点は特に重要となります。東京経営サポーターでは過去の多くの採択実績から、単なる審査項目に合わせるだけでない独自のノウハウを提供しています。

全国対応(ZOOM)


ZOOMを活用し全国対応しています。

システム開発、WEB集客に強い!


当社は革新的サービスのシステム開発の申請も多く通しており、IOTを絡めた申請にも対応しています。またマーケティングを進めていく上で、ほとんどの場合WEBマーケティングの対応は必要不可欠です。過去のSEOセミナーやホームページ診断実績から、ホームページ集客のご相談も可能です。

ものづくり補助金セミナー(講師)


<ものづくり補助金セミナーの例>
ものづくり補助金セミナーメーカー、商社・販売店、商工会、商工会議所、税理士法人、大手生命保険のお客様向けに「ものづくり補助金セミナー」を多数開催しています。多くのセミナーは無料にて対応しています。

◆ものづくり補助金(製造業:社内勉強会)

1.東京経営サポーターの紹介
2.補助金を活用した製造業向けの営業展開事例
3.製造業向けお勧め補助金ピックアップ
⇒中小企業庁系補助金、東京都助成金等、施策関係の全体像のご紹介
4.「ものづくり補助金」公募要領について
5.「ものづくり補助金」事業計画の作成方法、採択事例等
6.質疑応答・製造業の営業で活かす補助金活用について、他

こちらの流れは例です。
45分〜1時間半程度でカスタマイズ可能です。

2000社以上の採択実績から様々な業種に対応可能


<東京経営サポーター支援・設備投資系の補助金採択実績>
製造業(全般)
ものづくり補助金のデータポータルによると全申請者のうち、約40%が製造業での申請となります。また採択率でも59.8%と全業種のうちTOPの採択率となります。特に製造業では新しい加工機械を導入し、品質、納期、コストの改善のみならず、お客ニーズのある新製品を市場へ投入していく流れがオーソドックスなパターンとなります。当社においても、多くの製造業の皆様のご支援をしており、以下の設備の支援実績があります。
【当社の採択実績の例】5軸加工機、門型加工機、マシニングセンタ、3Dプリンター、レーザー彫刻機、寸法測定器、高精度測定器、検査装置、CADCAM、マイクロスコープ、平面研削盤、油圧シャーリングマシン、金属3Dプリンター、放電加工機、レーザー加工機、CNC旋盤、高速運搬・組み立てロボット、マウンター、他
印刷業
印刷業は製造業に含まれます。当社は多くの印刷業の支援をしています。多くのケースではオフセット印刷機からオンデマンド印刷機へ設備を変更したい。といったご相談をいただきます。しかしながら、単なる設備の更新だけでは似たようなパターンでの申請が多くなってしまうので、各社の強みやお客様のニーズをヒアリングしながら、独自性の強い事業計画の作成を支援していきます。仮に独自性がない計画になると、事業の長期的な存続も危うくなることも想定されますので、ものづくり補助金の計画書をきっかけに新たな事業展開に役立つ様、意識しています。
【当社の採択実績の例】オンデマンド印刷機、ラベルプリンター、デジタル加飾印刷機、カッティングプロッター、高機能インクジェットプリンター、他
充填工場
充填工場は大企業が持つイメージがありますが、中堅企業〜中小企業も多く存在します。最近では、化粧品やチューブ品の小ロットや様々な形状に対応可能な自動化ラインでのご相談もいただきます。自動化ライン全般になると、ものづくり補助金では補助額が足りないケースもあるので、その場合は躍進的な事業推進のための設備投資支援事業(東京都1億円)をおすすめするケースもあります。
【当社の採択実績の例】液体充填機、チューブ充填機、印字装置、検査機器(金属検査機、ウエイトチェッカー、不良品検知カメラ)、自動梱包装置、マテハン関連機器(作業コンベア、自動供給器、NG排出装置、段ボール封緘機、パレタイズロボット) 
食品工場・セントラルキッチン
食品工場やセントラルキッチンは製造業にあたります。新しい加工食品を生産するだけでなく、効率化の追求を目指す相談を多くいただきます。特に多いのは急速冷凍機を活用し、長期保存、解凍しても美味しいため、卸販売や通販事業に新規参入といったテーマが挙げられます。また、小ロット化や様々な形状の容器に対応する新製造ラインのご相談も多くあります。ものづくり補助金では、飲食店がセントラルキッチン化を目指す場合にも多く使われています。
【当社の採択実績の例】急速冷凍機、真空包装機、ピロー包装機、食品移動製造ライン、業務用大型冷蔵庫、食器洗浄機、スチームコンベクションオーブン、チップアイスメーカー、冷蔵ショーケース、電気グリラー、ガスローレンジ、電気ディッシュウォーマーテーブル、ランプウォーマー、圧力滅菌機、小型充填機、魚類処理機、トップシール包装機、他
飲料製造、酒蔵(日本酒)
飲料製造や酒蔵からのご相談もあります。昔からの酒蔵では多くの工程を手作業にて行っていることから、様々な工程を自動化する設備投資のご相談も多くあります。ビール製造では地ビール生産に新規に取り組むご相談や飲料水では新しい形状の容器に対応した設備投資に関する相談もあります。
【当社の採択実績の例】充填設備一式、ビール仕込&醸造設備、ビール充填機、ボイラー、熱旋風式シュリンク装置、プレハブ冷蔵庫、酸素・二酸化炭素測定装置、ウェイトチェッカー、比重計、充填機、アルコール分析機、洗瓶機、加熱殺菌装置、他
歯科技工所 
歯科技工所の数は年々減っている傾向にありますが、昔ながらの職人技法からデジタル機材を取り入れた最新式の生産方法にシフトする歯科技工所から、ものづくり補助金の相談を多く受けています。口腔内スキャナーからミリングマシン、ファーネスへの連携や特殊形状のマウスピース生産、インプラント生産など、新しい技術を取り組む歯科技工所と旧来の職人技法を追求する歯科技工所、2極化の傾向があります。
【当社の採択実績の例】ミリングマシン、CAD/CAM、3Dプリンター、口腔内スキャン、3Dスキャナー、ファーネス、他
建築業・設計業
建設業では、道路を自走できない重機関係や測定装置での申請の相談が多くあります。重機関係で単純な設備の更新での申請は難易度があがりますが、自動運転機能といった特徴的な機能があるとものづくり補助金採択の可能性も上がってきます。測定装置ではドローンを絡めたり、3次元点群計測器でのご相談もあります。
【当社の採択実績の例】ドローンシステム、3次元点群計測器、破砕機、電動型吹付機、アスファルトフィニッシャー、モーターグレーダー、油圧ショベル、他
※車両関係は道路を自走できるものは申請不可です。
小売・卸売業
小売・卸売業で、当社支援では自社システムを構築し、顧客に直接メリットがある新サービスを開始するといったご相談もあります。単なるECサイトの構築でしたら、IT導入補助金がおすすめとなります。その他にも、社内でカスタマイズして販売するケースでは、加工機械での申請されるケースもあります。
【当社の採択実績の例】オーダーメイドスーツ販売システム、倉庫管理システム、プラズマ切断機、他
リサイクル業、質屋・宝石鑑定、非破壊検査業
リサイクル業や質屋・宝石鑑定の分野では、素材の判別を職人の経験や勘に頼りつつ、若手への技術継承や素材の割合などを数値的に調べるために、X線分析装置を活用したいといったものづくり補助金の相談が多くあります。また、工業用の製品検査や配管の検査で探傷機を活用し、より精度が高く、効率的な作業のためにといった相談も多くあります。
【当社の採択実績の例】蛍光X線検査装置、廃プラ対応焼却炉、剥線機、フェーズドアレイ探傷器、工業用ポータブルX線装置、他
動物病院
動物病院では、CTや超音波探傷機を活用し、新しい治療を提供していくご相談を多くいただきます。ものづくり補助金では内装工事での申請はできませんが、専用の手術室に使用するユニットも対象になる可能性があります。
【当社の採択実績の例】CT、超音波検査機、他
システム開発
大前提としてものづくり補助金で作ったものを他社へ販売や貸与がNGとなります。そのため、システム会社が構築しお客様が利用する場合、申請の主体はお客様になるケースがあり注意が必要です。また、単なる業務改善での申請も可能ですが、より採択の可能性が高いのは消費者にメリットがある新サービスと紐づけられるかも考慮する必要があります。
【当社の採択実績の例】各種システム開発(詳細は非公開)
エステ・フィットネス
エステやフィットネス業界でものづくり補助金の採択実績はありますが当社支援では数件のみとなります。従業員5人以下の事業者でしたら、小規模事業者持続化補助金をおすすめする場合もあります。
【当社の採択実績の例】業務用エステ機器、特注フィットネス機器、他

過去に実績あり(2023年以降は保険診療に関する事業は対象外)
2023年以降、保険診療に関連する事業者での申請は対象外となりました。現在では完全自費診療で事業を行っている事業者は申請可能となります。保険診療を行っているが新規事業は完全自費診療の場合、申請できるかは事務局へ確認が必要になります。
介護施設:高齢者見守りシステム一式
歯医者:歯科用CT、特別診療用ユニット、マイクロスコープ、3Dスキャナー、口腔内スキャン、CAD/CAM、プレゼンテーションシステム、ミリングマシン、ファーネス、他
調剤薬局:全自動散薬分包機、錠剤監査システム、ピッキングサポートシステム、業務効率化システム、オンライン服薬指導システム、他

コンサルタントへ相談


ものづくり補助金コンサルタントへ相談東京経営サポーターは「ものづくり補助金」の申請を支援しています。コンサルタント支援をご希望される方は以下の問い合わせページからご相談お願いします。【無料相談

<補助金情報>
新着一覧メルマガ登録

コンサルタントメニュー

中小企業庁補助金 ものづくり補助金事業再構築補助金IT導入補助金事業承継補助金省力化投資補助金小規模事業者持続化補助金
地域別補助金大規模成長投資補助金躍進的な事業推進のための設備投資支援事業新たな事業環境に即応した経営展開サポート事業
補助金の活用事例補助金コンサルタント
中小企業庁施策支援 経営力向上計画 先端設備等導入計画 経営革新 事業継続力強化計画地域未来投資促進法
経営コンサルタント経営顧問WEB集客SEO顧問 SEO対策コンサルタント
経営コンサルタントへのご相談 経営コンサルタント会社の東京経営サポーター

経営サポーターは当社の登録商標です
(登録番号:第6611491号)