本文へスキップ

食品工場・セントラルキッチンの事業再構築補助金、ものづくり補助金、事業承継補助金を支援。プロのコンサルタントが担当します。

事業の成功に向けて支援する経営コンサルタント会社 補助金採択は2000社以上 補助金コンサルタント相談  

食品工場|補助金を活用した設備投資


食品工場の補助金コンサルタント●食品製造業にオススメ補助金
 機械装置を導入する場合 ⇒ ものづくり補助金
 内装工事を含めた申請をする場合 ⇒ 事業再構築補助金

●設備投資
 急速冷凍機等、新しい機能がある設備を導入する事例が多数
当社では、食料品工場の改修やセントラルキッチン設置など、様々な飲食関係の方々へ支援を行っています。当社は事業再構築補助金やものづくり補助金のご支援にて多くの採択実績があります。

食品製造業(食品工場)について


食品製造業(食品工場)

食品製造業は、食品を製造するための産業であり、農産物や畜産物などの生ものである原材料を取り扱い、それらを加工・調理して、最終的に製造した製品を販売することで収益を得ています。規模や形態は多岐に亘り、大規模な食品製造会社では、一連の製造工程を組織化し、製品の設計、原材料の調達、製造ラインの運営、品質管理、販売・流通などの業務を行います。
一方、小規模な食品製造業者は、地域や特定の商品に特化した製品を手作業や小規模な設備を用いて生産しています。人間が生きるための「食べる」という行為を支える重要な産業として、国民の栄養状態や健康状態に影響を及ぼすため、安全で衛生的な食品の製造が求められます。
そのため、製品の品質管理や衛生基準の遵守は、法律や規制によって厳しく定められており、食品製造業者はこれらの基準を順守する必要があります。

食品製造業(食品工場)の市場環境

矢野経済研究所によると、国内の加工品市場規模について、2021年度は前年度比99.6%の29兆7,860億円での着地となり、外食産業がコロナ禍前の水準に戻らずに、結果として微減での推移となりました。一方で、食品通販市場では2021年度小売金額ベースで前年度比2.9%の4兆4,434億円となり、2021年度も行動制限が続いたことで、食品通販に対する需要は引き続きありました。特に、在宅での時間を充実させるために、普段より高品質なグルメ商品やスイーツを通販でお取り寄せして楽しむといった消費が拡大したのも要因の一つとして考えられます。

食品製造業(食品工場)の機会と事業の方向性


食品製造業には主に以下の機会があります。

食品製造業(食品工場)の機会

消費者の嗜好と需要 消費者の嗜好や需要は多様化しており、健康志向や特定のダイエット要求、エシカルな消費傾向などが注目されています。消費者の需要変化に合わせて、新たな製品や商品カテゴリーの開発が求められます。
健康・安全規制 食品製造業は、食品の安全性と品質に関する厳格な規制を順守する必要があります。国や地域によって異なる法的要件や基準が存在し、これに適合するためには適切な製造プロセス、衛生管理、製品ラベリングなどが必要です。
技術革新と自動化 食品製造業は、生産効率や品質管理の向上を目指して、技術革新と自動化を取り入れる傾向があります。例えば、ロボット技術、IoT(モノのインターネット)、ビッグデータ解析、自動化された製造ラインなどが採用されています。

想定される経営革新案

デジタル化とデータ活用 デジタル技術の進化により、生産プロセスや供給チェーンのデジタル化が進んでいます。センサーやIoTデバイスを使用して生産ラインをモニタリングし、データを収集・分析することで、効率改善や品質管理の向上が可能です。また、データ分析を活用して消費者の嗜好や需要予測を行い、製品開発やマーケティング戦略に生かすこともあります。
新たな製品開発と品質向上 消費者の需要や嗜好の変化に対応するため、新たな製品の開発や品質の向上が求められます。健康食品や機能性食品の開発、アレルギー対応食品の提供、自然由来原料の利用など、市場のトレンドに合わせた製品開発が重要です。また、品質管理の強化や安全性の向上も経営革新の一環として取り組まれています。
直販やオンライン販売の拡大 インターネットやモバイルテクノロジーの普及により、直販やオンライン販売のチャンネルが拡大しています。自社ブランドの製品を直接消費者に提供することで、マーケティングの柔軟性や顧客接点の拡大が可能です。また、オンライン上での消費者との対話やフィードバックの収集も重要な経営革新です。

事業再構築補助金(食品工場、セントラルキッチン)


機械装置+内装工事まで含めることができる補助金

<想定されるケース>
既存事業:飲食業
新規事業:食品製造業(お店の味をご家庭で楽しんで頂くために家庭用の冷凍食品、加工食品を新たに製造)

喫茶店経営 ⇒ 飲食スペースを縮小し、新たにコーヒー豆や焼き菓子のテイクアウト販売を実施
弁当販売 ⇒ 新規に高齢者向けの食事宅配事業を開始。地域の高齢化へのニーズに対応
レストラン経営 ⇒ 店舗の一部を改修し、新たにドライブイン形式での食事のテイクアウト販売を実施。
和菓子製造・販売 ⇒ 和菓子の製造過程で生成される成分を活用し、新たに化粧品の製造・販売を開始。

急速冷凍庫で補助金申請−急速冷凍庫
急速冷凍庫は、非常に低い温度で空気を循環させることにより、食品を短時間で急速に冷却します。これにより、食品内部の水分が急速に凍結され、氷結による細胞の損傷を最小限に抑えることができます。高速な冷凍によって、食品の鮮度や品質を保つことができるだけでなく、食品内部の氷結が均一に行われ、氷結による細胞破壊や食品の乾燥を防ぐことができます。これにより、食品の風味、栄養価、質感がより良く保たれます。さらに、食品の酸化や微生物の増殖を抑制するため、製品の保存期間を延長する効果があります。

真空包装機で補助金申請−真空包装機
真空包装機を使用することで、酸化反応を抑制し、酸素による品質の劣化や菌の繁殖を防ぐことができるため、食品の鮮度と品質を長期間にわたって保つことができます。結果として、食品の風味、色合い、栄養価が維持されます。また、真空包装により酸素や湿気を取り除くことで、食品の保存期間を延長することができ、製品の賞味期限を長くすることができます。これにより、食品の廃棄量を減らし、経済的なメリットを得ることができます。また、真空包装は食品の漏れや匂いの拡散も防ぐため、衛生的な状態を保つことができます。
上記は経済産業省の例示です。ECサイト⇒ネット販売の流れだけでは厳しいイメージがありますが、セントラルキッチンを新しく設置することや食品製造工場の生産ラインの改修にて、様々な方(取引先、顧客)に対するメリットを追求できれば条件を満たせる可能性が高いと予想します。飲食店様でしたら、新メニューを開発する方向性を加える流れもプラスできるかもしれません。
東京経営サポーターでは、
事業再構築補助金の申請支援をしています。 ⇒ 事業再構築補助金

ものづくり補助金(食品工場、セントラルキッチン)


機械装置のみで申請する場合、オススメ補助金

ものづくり補助金は設備投資に活用できる補助金です。
食品製造業では生産性向上のために、以下のような機器の設備投資に活用できます。

<機械装置>
当社では以下の様な機械装置での申請実績(例)があります。
⇒急速冷凍機、真空包装機、ピロー包装機、食品移動製造ライン、業務用大型冷蔵庫、食器洗浄機、スチームコンベクションオーブン、チップアイスメーカー、冷蔵ショーケース、電気グリラー、ガスローレンジ、電気ディッシュウォーマーテーブル、ランプウォーマー、圧力滅菌機、小型充填機、魚類処理機、トップシール包装機、他

<受注管理・在庫管理システム>
受注管理システムは、注文情報の入力、受注確認、請求書の作成などの受注処理を自動化します。これにより、人為的なミスを減らし、処理の迅速化と正確性を向上させることができます。また、リアルタイムで在庫データを確認し、在庫不足や過剰在庫といった問題を把握し、適切な対応を行うことができます。また、受注情報を基に、生産ラインのスケジュールや材料の発注を自動的に調整し、需要に応じた適切な生産計画を立てることができます。さらに、顧客の注文履歴や優待条件などをデータベース化し、顧客サービスの向上やマーケティング活動を効率化することで、生産性を大幅に向上させることができます。
東京経営サポーターでは、
ものづくり補助金の申請支援をしています。 ⇒ ものづくり補助金

食品製造業(食品工場・セントラルキッチン)で「事業承継補助金」


過去3年間ぐらいの間に事業承継を行っていれば検討をオススメ


事業承継補助金は「経営革新事業」と「専門家活用事業」の申請パターンがありますが、過去3年ぐらいの間に事業承継が行われ、新しい取り組みに必要な設備投資を行う場合は、事業承継補助金の「経営革新事業」の申請も検討候補としてオススメします。

申請可能時期の例(2023年8月申請の場合)
⇒ 事業承継の有効期間 2017年4 月 1 日から 2024 年 4 月 24 日

東京経営サポーターでは、
事業承継補助金の申請支援をしています。 ⇒ 事業承継補助金

お問い合わせ 〜食品工場け補助金の相談〜


食品工場、補助金コンサルタントへ相談東京経営サポーターでは、ものづくり補助金、事業再構築補助金、事業承継補助金など食品製造業・セントラルキッチン・飲食店で申請できる設備投資系の補助金申請を支援しています。コンサルタントの支援をご希望される方はお問い合わせフォームからお願いします。お問い合わせフォーム


<参考:過去の採択事例 セントラルキッチン> 中小企業庁の採択発表資料引用
事業計画名 内容
セントラルキッチン稼働によるアウトドア向け調理商品及びOEM受託生産事業への参入 現在、売上減少に直面する炉ばた居酒屋を経営する当社が新たにセントラルキッチンを稼働させ、アウトドア向けの調理用商品を開発・製造し、加えて地元ホテル等から冷凍食品のOEM生産を受託し売上収益増加を図る。
急速冷凍機導入によるミールキットの新開発 急速冷凍機を中心とした通販専用セントラルキッチンを構築して、生産性と品質の課題を克服、増加する当社への宅配や通販需要の更なる増加を見据え、中食事業を拡大。当社の主要顧客である共働き世帯の料理時間短縮のニーズに対応するため、ミールキットを新開発する
コロナ禍を乗り越える!旅館価値の多角化による進化のキッチン事業 旅館経営で培った地元食材の仕入れや食文化の提供能力を元に、3つの製造業許可を取得したセントラルキッチンによって、一般販売と業務販売の2つの事業行う。
テイクアウト栗スイーツ専門店出店と栗菓子の新規製造・卸売事 新たな収益確保のため、飲食事業で培った和栗の風味や美味しさを最大限に引き出すノウハウ、知名度を活用したテイクアウト専門店の新規出店と、新設するセントラルキッチンを活用した新たな商品の新規製造、卸売事業を展開する。
茨城県産こだわり野菜の本格中華を職場・ご自宅にデリバリー! 既存事業の強みとセントラルキッチン建設により、企業や一般家庭へデリバリーの高級弁当と冷凍中華惣菜を提供。日本全国に商圏を広げることで、群馬県の野菜の美味しさを発信。地域のブランディングへ貢献します。
新ご当地餃子「火の魂餃子」開発とEC利用による新市場開拓 我が社のブランド創出力とセントラルキッチンの生産力に地域内連携を加え、地元民が愛するジャンボ餃子を開発しブランディングする。既知の宇都宮餃子に代わる新たなスタンダードとして、IT活用で全国展開を目指す。
惣菜店舗を併設したセントラルキッチンの構築による商品提供プロセスの革新 当社は飲食店であるが、コロナ禍にて休業や時短営業等を求められ経費削減と事業再構築が急務である。そこで、これまで各店舗で行っていた肉の下処理等を一括して行うセントラルキッチンを構築し、惣菜店舗を併設することで仕入効率化と食品ロス低減、生産性向上を図っていく。
就労支援事業への進出でセントラルキッチンの導入。ローコストオペレーションの実現&メニューの多様性の充実。 セントラルキッチンの導入により、コスト削減が実現出来、メニューの多様性が図れる事によりCSの向上が図れる。また障がい者就労にも寄与し、ESの向上も図れ理想の働き方を構築できる計画
地域の皆さまの健康寿命を延ばすスーパーマーケット計画 セントラルキッチンで培った技術を活用し、安心・安全な食品とヘルスコーチによる健康指導を提供するスーパーマーケットに業種転換する。そして地域の皆様の健康寿命を延ばしQOLを高める事で地域に社会貢献する。
町のセントラルキッチン構想による地域活性化事業 当社が立地する東京都北区赤羽に「町のセントラルキッチン」を構築することによって、飲食店特有の課題を解決して「赤羽」の飲食店の利益向上を支援し、「赤羽」という地域を活性化することを目的とする事業。
「テイクアウト・デリバリー、ECサイトを通じた韓国料理、食材等の販売と、アプリ開発による顧客の囲い込み事業 セントラルキッチンを増強し、新規に出店するテイクアウト・デリバリー店やECサイト等を通じて「中食」向け新商品等を販売すると共に、アプリ開発により顧客の囲い込みに取り組む。
生産過程の再構築を通じた非店内飲食顧客向け事業の拡大計画 セントラルキッチンを設置し宅配・テイクアウト顧客向けメニューの単位時間当たりの提供量及び効率化による原価削減を実現し、事業の効率化と収益性を確保しつつ非店内飲食顧客向け事業への事業の再構築を行う。
<補助金情報>
新着一覧メルマガ登録

コンサルタントメニュー

中小企業庁補助金 ものづくり補助金事業再構築補助金IT導入補助金事業承継補助金省力化投資補助金小規模事業者持続化補助金
地域別補助金大規模成長投資補助金躍進的な事業推進のための設備投資支援事業新たな事業環境に即応した経営展開サポート事業
補助金の活用事例補助金コンサルタント
中小企業庁施策支援 経営力向上計画 先端設備等導入計画 経営革新 事業継続力強化計画地域未来投資促進法
経営コンサルタント経営顧問WEB集客SEO顧問 SEO対策コンサルタント
経営コンサルタントへのご相談 経営コンサルタント会社の東京経営サポーター

経営サポーターは当社の登録商標です
(登録番号:第6611491号)