本文へスキップ

中小企業自家発電設備導入補助金(自衛的燃料備蓄補助金)、東京都を中心に活動中!経営者と共に歩み、事業の成功に向けて支援する経営コンサルティング会社

TEL. 070-6578-0496

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二山本ビル2階

中小企業自家発電設備導入補助金


中小企業自家発電設備導入補助金(自衛的燃料備蓄補助金)
平成31年申請に向けて、
中小企業庁補正予算(58憶円)閣議決定!








中小企業自家発電設備導入補助金|自衛的燃料備蓄補助金について


中小企業庁の補正予算、50億円で平成30年12月21日に中小企業庁のページで公開されています。対象事業者は、「社会的重要インフラの機能を担う中小企業・小規模事業者」の予定です。これまで、自家発電系の補助金は、資源エネルギー庁など、他の機関でありましたが、中小企業庁の補助金としては馴染みが低い補助金です。


現在、閣議決定段階ですので、具体的な内容は出ていませんが、

災害発生時、避難困難者が多数生じる病院・診療所、老人ホーム、商業施設、情報システム運営施設など、重要なインフラ機能を持つ事業者が想定されます。また、今回の補助金では、小規模事業者も対象としていることから、規模が小さい事業者も対象になります。

想定される設備としては、自家発電装置の他、LPガスタンク、石油タンクなどが想定されます。また、機械装置費の他、設置に要する費用も見込めます。

設置の対象期間は、他の補助金を参考にすると平成31年の7月頃〜平成31年12月末ぐらいまでに購入する機械を見込めます。

中小企業自家発電設備導入補助金|自衛的燃料備蓄補助金

中小企業自家発電設備導入補助金|自衛的燃料備蓄補助金の支援内容・料金


 支援内容 料金 
電話相談(初回相談)   無料
申請書類の作成支援 公募要領が発表になった後に決定



BCP(事業継続計画)の準備


◆BCP(事業継続計画)とは
潜在的損失によるインパクトの認識を行い実行可能な継続戦略の策定と実施、事故発生時の事業継続を確実にする継続計画。事故発生時に備えて開発、編成、維持されている手順及び情報を文書化した事業継続の成果物。(経済産業省)

◆BCP(事業継続計画)の準備
BCP計画の策定にあたっては、現状の経営資源を分析し、災害などが起こった場合のリスクを分析し、実際に災害が起きた場合にどのような行動をとるか、文書で纏める必要があります。また、必要に応じて定期的に訓練をすることで、災害などの緊急事態が発生した場合に被害を最小限に食い止める役割もあります。


東京経営サポーターでは、BCP(事業継続計画)の作成も支援しておりますので、ご希望の方はお問い合わせ下さいませ。

東京経営サポーターのBCP(事業継続計画)の支援



コンサルタント、対応エリア


◆訪問可能エリア
東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、山梨県

◆電話とメールで対応エリア
北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

お問い合わせ 〜中小企業自家発電設備導入補助金のご相談など〜


コンサルタントへのご相談(中小企業自家発電設備導入補助金(自衛的燃料備蓄補助金))お問い合わせフォームよりお願い致します。

お急ぎの方は、こちらから、
コンサルタント直通電話(担当:内木)
⇒ 070−6578−0496

※平日、土日、祝日、承ります。(10時〜22時)

※打合せ中・移動中で繋がりにくい場合がございますが、着信があれば折り返しさせて頂きます。


バナースペース


株式会社東京経営サポーター

新宿区営業所
多摩センター
TEL 070-6578-0496


補助金採択実績

平成30年度
80社以上の採択支援!


- 他の補助金PICKUP-

<中小企業庁>
小規模事業者持続化補助金
-中小企業自家発電設備導入補助金
-革新的ものづくり産業創出連携促進

<東京都助成金>
-新製品・新技術開発助成事業
創業助成金
-次世代イノベーション創出プロジェクト2020助成事業

-助成金PICKUP-

キャリアアップ助成金