水素・燃料アンモニア産業|事業再構築補助金グリーン成長分野|事業再構築補助金コンサルタント支援、申請代行ではなくプロのコンサルタントが申請を支援します!

10年間で補助金採択支援2000社以上の経営コンサルタント会社 お問い合わせ  

水素・燃料アンモニア産業の補助金活用事例


水素・燃料アンモニア産業:2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略

●導入拡大を通じて、化石燃料に十分な競争力を有する水準となることを目指す。
2030年;国内導入量最大300万トン2050年;2,000万トン程度2050年;供給コスト20円/Nm3程度以下(ガス火力以下)
●日本に強みのある技術を中心に、国際競争力を強化する。
将来の世界市場獲得を見据え、水素発電タービンの早期実機実証を支援し国内での商用化を加速。市場拡大促進の観点から、定置用燃料電池の発電効率や耐久性の向上に向けた研究開発を推進。FCトラックの実証により商用化の加速。
●輸送・貯蔵技術の早期商用化(コスト低減)を目指す。
輸送関連設備の大型化について、基金も活用して研究開発や実証を行い、2030年を目途として、商用化を達成。
水素輸送関連機器の国際標準化を推進。
●水電解装置のコスト低下により世界での導入拡大を目指す。
水電解装置の大型化を目指す技術開発を支援し、装置コストの一層の低減(1/3〜1/6)、耐久性向上による国際競争力の維持・強化を目指す。欧州等と同じ環境で水電解装置の性能評価を行える環境を整備することで海外市場への参入障壁を低下。
●火力混焼用の発電用バーナーに関する技術開発を進める。
2030年までに、石炭火力への20%混焼の導入・普及を目指す(短期目標)。2050年までに、混焼率の向上(50%)や専焼化技術の実用化を目指す(長期目標)。
●安価な燃料アンモニアの供給に向けて、コスト低減のための技術開発やファイナンス支援を強化する。
NEXIやJBIC、JOGMECにおいて、リスクマネー供給や個別案件に関するファイナンス支援を強化。
●国際標準化や混焼技術の開発を通じて、東南アジアマーケットへの輸出を促進する。
アンモニアの燃料としての仕様や燃焼時の窒素酸化物の排出基準等について、国際標準化を検討。クリーン燃料アンモニア協会(CFAA)の内部に標準・基準の専門WGを立ち上げ、経産省と連携して検討を加速。東南アジアの石炭火力に混焼技術を導入し、約5,000億円規模とも見込まれる燃料アンモニア市場の獲得を目指す。

2050年における国民生活のメリット

●サプライチェーンが安定した、将来の水素火力発電は価格安定効果あり。コスト低減が実現した仮定の下で、急な価格高騰の影響を抑止する効果を、仮に家庭電力料金に換算すると、約8,600円/年相当の支出抑制効果を発揮する。水素は、化石燃料と比較して特定地域依存度等が低く、安定したサプライチェーンの構築が実現し、同時に十分な価格競争力を有する水準となる場合、水素火力発電の価格が安定的になるという効果が期待。仮に、水素由来電気100%の小売メニューと天然ガス由来電気100%の小売メニューが、それぞれ同額と仮定して、後者の小売メニューにのみ、約1.8円/kWhの高騰があったと仮定した場合(LNG火力発電のコストが最も高い時を参考とした)、標準家庭で、約8,600円/年相当の支出抑制効果を持つ。(実際の支出は、2050年時点の電源構成や、各電力会社の販売価格等によることに留意が必要。)

事業再構築補助金(グリーン枠)の活用イメージ


グリーン分野での事業再構築を通じて高い成長を目指す事業者を対象に、補助上限額を最大1.5億円まで引き上げた新たな申請類型を創設。グリーン枠に限り、2回採択される事も可能。
<補助額/補助率>
中小企業:最大1億円(補助率:1/2)
中堅企業:最大1.5億円(補助率:2/3)

<事業再構築補助金の活用のイメージ>
●自社工場の建物改修をメインとした申請
●製造ライン構築をメインとした申請
⇒事業再構築補助金のグリーン枠では、2年以上の研究開発・技術開発又は従業員の一定割合以上に対する人材育成が必要となります。

事業再構築補助金グリーン枠(水素)
●注意点(通常枠の申請に加えて、以下の資料の提出が必要)
既に事業再構築補助金で取り組んでいる事業再構築とは異なる事業再構築であることの説明資料
既存の事業再構築を行いながら新たに取り組む事業再構築を行うだけの体制や資金力があることの説明資料

ものづくり補助金(グリーン枠)の活用イメージ


<申請要件>
・温室効果ガスの排出削減に資する革新的な製品・サービスの開発であること
・炭素生産性向上を伴う生産プロセス・サービス提供の方法の改善であること
・3〜5年の事業計画期間内に、事業場単位での炭素生産性を年率平均1%以上増加する事業であること
・これまでに自社で実施してきた温室効果ガス排出削減の取組の有無(有る場合はその具体的な取組内容)を示すこと。
<補助額/補助率>
従業員規模により、最大1,000万円〜2,000万円(補助率:2/3)

<ものづくり補助金、活用のイメージ>
ものづくり補助金では、おおよそ1年以内に商用化を目指す計画が好まれるます。また、省エネ補助金ではありませんので、機械装置の性能のみで省エネをアピールするのではなく、「機械装置の性能」+「これまでの自社の取り組み」+「本事業での新しい工夫」をアピールしていく必要があると考えます。

その他、税制優遇

資本金1億円以下の事業者向けの税制優遇

経営力向上計画: 機械装置の法人税の節税
先端設備等導入計画: 機械装置の固定資産税の節税

補助金のコンサルタント支援

ZOOMでの対応となります。全国対応可能です。
事業再構築補助金の料金・支援内容
ものづくり補助金の料金・支援内容

コンサルタントへお問い合わせ 補助金のご相談


事業再構築補助金コンサルタントへのご相談東京経営サポーターでは、事業再構築補助金やものづくり補助金の申請など、多数支援をしています。コンサルタントの支援をご希望される方は、お気軽にご相談下さい。お問い合わせフォーム

補助金最新情報⇒ 新着一覧

バナースペース

経営コンサルタント 経営顧問 WEB集客SEO顧問
中小企業庁施策支援 経営力向上計画 先端設備等導入計画 経営革新 事業継続力強化計画
補助金 東京都補助金 事業再構築補助金 ものづくり補助金 IT導入補助金 小規模事業者持続化補助金 事業承継補助金 躍進的な事業推進のための設備投資支援事業 補助金採択事例
SEO対策 SEO対策コンサルタント ホームページ制作
補助金セミナー 補助金セミナー SEO対策セミナー
経営コンサルタントへのご相談 経営コンサルタント会社の東京経営サポーター 経営コンサルタントサービス
-他の補助金PICKUP-

新型コロナウイルス感染症対策設備投資のご支援
-その他の補助金など