洋上風力・太陽光・地熱産業|事業再構築補助金グリーン成長分野|事業再構築補助金コンサルタント支援、申請代行ではなくプロのコンサルタントが申請を支援します!

9年間で補助金採択支援1,500社以上の経営コンサルタント会社 お問い合わせ  

洋上風力・太陽光・地熱産業の補助金活用事例

事業再構築補助金、グリーン成長枠(風力発電) 洋上風力・太陽光・地熱産業
事業再構築補助金、ものづくり補助金、サプライチェーン対策のための国内投資支援事業費補助金など、グリーン成長枠に関連する補助金があります。

洋上風力・太陽光・地熱:2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略

<洋上・風力>
●導入目標を明示し、国内外の投資を呼び込む。
2030年までに1,000万kW2040年までに3,000万kW〜4,500万kW
●系統・港湾のインフラを計画的に整備する。
2022年度中に、系統整備のマスタープランの完成を目指す。
2021年3月に、洋上風力発電の適地から大需要地をつなぐ海底の長距離直流送電の整備に向けて、検討会を立ち上げ。
2020年度末に秋田港の整備を完了。残る3港も引き続き工事を実施。また、2021年度中に、基地港湾の全国配置や地域振興の方策等を取りまとめ。
●競争力を備えたサプライチェーンを形成する(産業界として目標設定)。
国内調達比率;2040年までに60%着床式の発電コスト;2030年〜2035年までに8〜9円/kWh
●規制の総点検によって事業環境を改善する。
2021年4月から、電気事業法と港湾法・船舶安全法の審査を一本化。また、同月から、電気事業法の安全審査についても、一定の条件下で手続を合理化。
2021年度前半に、海洋汚染等防止法に基づく、風車撤去時の残置許可基準の明確化について、一定の考えを示す。
2021年度内を目途に、航空法に基づく、洋上風力発電設備への航空障害灯の設置等に係る基準の緩和策を取りまとめる。
●「技術開発ロードマップ」に基づいた実証を見据え、要素技術開発を加速する。
「技術開発ロードマップ」(2021年4月策定)に基づき、特にサプライチェーン構築に不可欠な風車や中長期的に拡大の見込まれる浮体式等について、グリーンイノベーション基金の活用も検討しつつ、実海域での実証を見据えて、要素技術開発を加速化。
<太陽光>
●2030年を目途に、普及段階に移行できるよう、次世代型太陽電池の研究開発を重点化する。
グリーンイノベーション基金の活用も検討し、産学官が協力してペロブスカイトに関する共通基盤技術の開発を加速化。
エンドユーザー企業のニーズを考慮した製品開発、開発された製品のプロトタイプを用いた実証等を行い、次世代型太陽電池の市場投入を加速化。
※これらにより、例えば、2030年の発電コスト:14円/kWhや、将来の世界市場5兆円の取り込みなどを視野に。(2010年以降、日本のピークシェアは25%)
●アグリゲーションビジネス、PPAモデルなど関連産業の育成・再構築を図りつつ、地域と共生可能な適地の確保等を進める。
初期費用ゼロで設備導入を可能とするPPAモデルなど新たなビジネス形態を創出・拡大。
改正地球温暖化対策推進法による「促進区域」の設定(ポジティブゾーニング)等、適地の確保を進める。
<地熱>
●次世代型地熱発電技術の開発を推進する。
超臨界地熱発電の実現に向けて、坑井やタービン等の地上設備の腐食対策等の要素技術開発等を推進。
超臨界地熱発電の実現により、国内での市場規模は1兆円以上を目指す。
●リスクマネー供給や科学データの収集等を推進する。
JOGMECによる助成金、出資、債務保証等のリスクマネーの供給を実施。
環境省「地熱開発加速化プラン」を通じ、法令に基づく地熱開発の促進区域の指定(ポジティブゾーニング)や、温泉事業者等の地域の不安や自然環境への支障を解消するための科学データの収集・調査を実施し、円滑な地域調整による案件開発を加速。
●自然公園法や温泉法の運用の見直しにより、開発を加速する。
自然公園内における地熱発電等の許可基準及び審査要件の明確化について、専門家や事業者団体等の意見を踏まえて検討し、結果を通知等に反映(「規制改革実施計画」2021年6月18日)。
「温泉法」による大深度の傾斜掘削に対する離隔距離規制や本数制限等について、まずは都道府県の規制について科学的根拠のない場合の撤廃も含めた点検を求めるとともに、都道府県の規制内容及びその科学的根拠の公開を行うよう通知等にて周知(「規制改革実施計画」2021年6月18日)。

2050年における国民生活のメリット

●移動の安全性・利便性が向上する。
事故・移動弱者・交通渋滞ゼロに向けて、安全運転支援・自動走行技術の普及・高度化や高度なデジタル・通信技術を活用。
●充電・充てんインフラ目標を設定する。
公共用の急速充電器3万基を含む充電インフラ15万基を設置し、2030年までにガソリン車並みの利便性を実現。
2030年までに1,000基程度の水素ステーションを最適配置で整備。
●電動化推進に向けて、施策パッケージを展開する。
例:燃費規制の活用、公用車・社用車の電動化促進、導入支援や買換え促進、蓄電池等の大規模投資促進、充電・充てんインフラの導入拡大、サプライチェーン・バリューチェーン強化、蓄電池のライフサイクルでのCO2排出見える化の検討、燃料電池自動車における道路運送車両法と高圧ガス保安法の関連規制の一元化等
●移動時間の活用を革新する。
車内が「動く居住・サービス空間」となり、車内空間や移動時間の有効活用に加えて、移動せずに様々なサービスを享受することが可能に。
●「動く蓄電池」を社会実装する。
電動車を蓄電池として活用することにより、平時にはスマートシティを高度化し、災害時にはレジリエンスを向上。
●商業施設や家庭の壁面にも設置可能な水準を目指し、電気料金を節約する。
既存の太陽電池では技術的な制約により設置が困難な住宅・建築物にも太陽光発電設備が設置可能となる。
この場合、発電した電力の約3割を自家消費すると仮定すれば、一般家庭においては電力消費量の3割程度を賄うこと(機械的に換算すれば1万円/年の節約)が可能に。

事業再構築補助金(グリーン枠)の活用イメージ


グリーン分野での事業再構築を通じて高い成長を目指す事業者を対象に、補助上限額を最大1.5億円まで引き上げた新たな申請類型を創設。グリーン枠に限り、2回採択される事も可能。
<補助額/補助率>
中小企業:最大1億円(補助率:1/2)
中堅企業:最大1.5億円(補助率:2/3)

<事業再構築補助金の活用のイメージ>
●自社工場の建物改修をメインとした申請
●製造ライン構築をメインとした申請
⇒事業再構築補助金のグリーン枠では、2年以上の研究開発・技術開発又は従業員の一定割合以上に対する人材育成が必要となります。

事業再構築補助金グリーン成長(洋上風力)

●注意点(通常枠の申請に加えて、以下の資料の提出が必要)
既に事業再構築補助金で取り組んでいる事業再構築とは異なる事業再構築であることの説明資料
既存の事業再構築を行いながら新たに取り組む事業再構築を行うだけの体制や資金力があることの説明資料

ものづくり補助金(グリーン枠)の活用イメージ


<申請要件>
・温室効果ガスの排出削減に資する革新的な製品・サービスの開発であること
・炭素生産性向上を伴う生産プロセス・サービス提供の方法の改善であること
・3〜5年の事業計画期間内に、事業場単位での炭素生産性を年率平均1%以上増加する事業であること
・これまでに自社で実施してきた温室効果ガス排出削減の取組の有無(有る場合はその具体的な取組内容)を示すこと。
<補助額/補助率>
従業員規模により、最大1,000万円〜2,000万円(補助率:2/3)

<ものづくり補助金、活用のイメージ>
ものづくり補助金では、おおよそ1年以内に商用化を目指す計画が好まれるます。また、省エネ補助金ではありませんので、機械装置の性能のみで省エネをアピールするのではなく、「機械装置の性能」+「これまでの自社の取り組み」+「本事業での新しい工夫」をアピールしていく必要があると考えます。

サプライチェーン対策のための国内投資促進事業

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、我が国サプライチェーンの脆弱性が顕在化したことから、生産拠点の集中度が高い製品・部素材、又は国民が健康な生活を営む上で重要な製品・部素材に関し、国内の生産拠点等の整備を進めることにより、製品・部素材の円滑な供給を確保するなど、サプライチェーンの強靭化を図ります。
<補助上限>
●補助対象事業A 100億円
●補助対象事業B 100億円
●中小企業特例事業 5億円

その他、税制優遇

資本金1億円以下の事業者向けの税制優遇

経営力向上計画:機械装置の法人税の節税
先端設備等導入計画:機械装置の固定資産税の節税

補助金コンサルタント支援

ZOOMでの対応となります。全国対応可能です。

事業再構築補助金の料金・支援内容
ものづくり補助金の料金・支援内容
サプライチェーン対策のための国内投資促進事業の料金・支援内容

コンサルタントへお問い合わせ 補助金のご相談


事業再構築補助金コンサルタントへのご相談東京経営サポーターでは、事業再構築補助金やものづくり補助金の申請など、多数支援をしています。コンサルタントの支援をご希望される方は、お気軽にご相談下さい。お問い合わせフォーム

補助金最新情報⇒ 新着一覧

バナースペース

経営コンサルタント 経営顧問 WEB集客SEO顧問
中小企業庁施策支援 経営力向上計画 先端設備等導入計画 経営革新 事業継続力強化計画
補助金 東京都補助金 事業再構築補助金 ものづくり補助金 IT導入補助金 小規模事業者持続化補助金 事業承継補助金 躍進的な事業推進のための設備投資支援事業 補助金採択事例
SEO対策 SEO対策コンサルタント ホームページ制作
補助金セミナー 補助金セミナー SEO対策セミナー
経営コンサルタントへのご相談 経営コンサルタント会社の東京経営サポーター 経営コンサルタントサービス
-他の補助金PICKUP-

新型コロナウイルス感染症対策設備投資のご支援
-その他の補助金など